artists

ghostnote

ghostnote-1

ghostnote(ゴーストノート)
佐藤慎治(Bass&Chorus)1979年1月22日/岡山県岡山市出身
大平伸正(Vocal&Guitar)1983年8月15日/岡山県総社市出身
中村勇介(Drum&Chorus)1980年10月14日/岡山県倉敷市出身
鈴木諒介(Guitar&Chorus)1983年8月8日/東京都目黒区出身

about ghostnote…
ghostnote=譜面では表せない音』

2003年結成、自主制作盤「一等賞は赤のリボン」、全国流通盤「初対面」が各方面で話題となり、各地のライブでの動員を着実に増やす。
2006年11月には全国流通盤として2ndアルバム「すばらしき世界」をリリース、収録曲の「スタート」が日本工学院のCMソングに大抜擢され大きな話題となる。大型フェス「SETSTOCK’06」「COUNTDOWNJAPAN 06/07」に出演。2006年はライブ160本、2007年は130本と怒涛のライブを決行しライブバンドとしての存在を確立する。

2008年5月、SMEレコーズよりメジャーデビュー。3rdシングル「I、愛、会い」がオリコンウィークリーチャート初登場18位を記録。
2010年9月にリリースされた5thシングル「ボクキミビリーバー」収録曲の「夢」は、地元岡山の「ファジアーノ岡山(Jリーグ加盟)」のイメージソングとして書き下ろした楽曲。同楽曲は現在も岡山県民の応援歌として大きな支持を集めている。

2011年は約150本、2012年は170本以上のライブを決行。

2012年11月 ライブバンドならではの会場限定CD「私」をリリース、年末には全国12カ所にてワンマンツアーも決行。

2013年、インディペンデントな活動方針を選択、9月、ワンコインシングル「少女C」(TOTR-1303)をタワーレコード限定にてリリース。
2014年、岡山hoshioto/金沢百万石音楽祭/神戸ネコフェス/東京MURO FESと各地フェスを熱狂に巻き込み、7月にギター鈴木諒介正式加入を発表。
2015年、5月にフリーダウンロードアルバム「ぼくトキみのコト」リリース。リリース直後はDLサーバーがパンク。その音源クオリティーに反響が渦巻く中、10月にはフルアルバム「やめてしまいたい」をリリース。
2016年、1月にはツアーファイナルワンマンTSUYATA O-WEST公演を大盛況のうちに終える。
 
『三人から四人へ、四人でしか歩けない更なるインディペンデントな道を。』

 pick up movie